金融自由化によるメリットとデメリット

戦後日本の金融機関は政府による関与があったことから競争が少なく、非効率な業務形態の企業でも破綻することもありませんでした。
しかし、金融自由化の波が欧米から押し寄せ、日本の金融機関も同様に自由化の道をたどり、1979年の譲渡性預金の自由化から金融自由化ははじまったとされます。
その結果、各金融機関での競争が行われ、消費者にとっては金利や各種手数料が少ないといった魅力的な金融商品を選択することができ、その幅が広がりました。
預金に関しても、利息が多い企業を選ぶことで、利益向上が望めるようになりましたが、銀行が破たんしやすくなったことを忘れ、元本の保証もないものを選択するリスクも高まっていることから、消費者の自己責任が求められるようになりました。

office365はネクストセット|導入支援・ご相談はお任せください。

サンプルイメージ1

消費者が商品を選ぶ 金融自由化とは何か

金融自由化について、紹介します。
金融自由化とは銀行や証券会社、保険会社などへの規制を緩和して

サンプルイメージ2

日本における金融自由化の歴史と現在

従来、日本の金融機関は「護送船団方式」と呼ばれる効率の悪い金融機関も生き残ることが可能なシステムが採

金融業界を変えた金融自由化の影響

金融自由化とは、規制緩和により金融業界での動きが活発になってきたことです。
今まで国によって制

Copyright© 金融自由化 All Rights Reserved.